暗記で苦労している人のために開発されました!

音声サンプル公開中!

ノイズ学習法が、いったいどのようなものなのか、解説付 音声サンプル(1分程度)を試聴できます。


耳勉学習の流れ

流れ

脳科学の研究から

最近の脳科学の「記憶のメカニズム」の研究で解ったことを取り入れています。 良く知らないことを覚える時……

『耳勉』は暗記のための救世主!

『耳勉』は日本で初めての今までにない教材です。暗記することをやさしくした資格試験教材です。誰もが合格をしたい資格試験は忙しい生活の中で勉強をしなければなりません。暗記をする時間が足りないのが現状です。ですので、限られた時間の中でいかに効率よく暗記をして行くかが合格をする鍵となってきます。
そこで、『耳勉』はノイズを活用した画期的な学習方法で、その課題を解決しました。忙しい時間をぬって勉強をした成果が確かなものになるように、『耳勉』は制作されました。

『耳勉』の学習  

ノイズ学習法とはどのようなものなのか?

①まずは覚えるために聴く!カクテルパーティ効果

シリーズ第1弾 宅建 『耳勉』はまず聴くことから始めます。しかし、従来の学習法とは違って、独自のノイズ(三重音声)がかかっていて聴きづらくなっています。しかし、このノイズを活用することで注意意識が喚起させ集中力を高める仕組みになっています。さらに『耳勉』ではノイズとしてその専門の知識を重ねて再生し、そしてその中の一つの知識に意識を集中させるようになっています。

そして、意識を集中してノイズ教材を聴いた後には、主音声のみがクラシックの調べと共に流れてきます。これによって、今度はリラックスして、「こうゆうことを言っていたのか」と、すり合わせることで理解を深めて「聴き覚え」てゆきます。

『耳勉』は、この「聴かなければ」と言う集中とすり合わせをする緩和のパターンの繰り返しが、新しい知識を認知して脳に「聴き覚え」ていきます。

日本初のノイズ学習法

②記憶化するために思い出す!チューニング効果

次に、その「聴き覚え」た知識を思い出す訓練をするために確認テストが用意してあります。今、聴いた主音声が穴埋め問題として表示されます。この問題を読むことで聴いたばかりの音声が文字と照らし合わさり再認識されます。そして、穴埋め部分が何であるのかを考えることで、さらに聴いた音声の細部に意識をもっていきます。そして、解答を確認することで、記憶への定着化が進みます。
『耳勉』の穴埋め問題はパターン認識に陥らないように、穴埋めの場所は毎回変化します。その都度、記憶化しるための思い出す訓練になります。(特許取得)

③口に出して記憶化をする!

学習の締めくくりとして、今何を聴き覚えたかを思い起こして、口に出してください。断片的でもいいです。自分の声を聴くことで、記憶化がさらに進みます。これは歌を覚える時に口に出して歌う時と同じです。
暗記をするには何度も繰り返し、覚えたり、思い出したりする以外に記憶に定着をさせる道はありません。しかし、繰り返し方にはやり方があります。『耳勉』は誰もが無理なく『耳勉』で繰り返すことができます。ぜひ、あなたも、合格のために必要な知識を『耳勉』で暗記してください。


耳勉(宅建士版)を無料で試せます
無償版でも宅建受験に必要な32個の知識が聴き覚えられます!

Get it on Google Play

※『耳勉』はながら聞き教材と違い、集中力を使用しますので、運転や作業など行っている時には適しておりませんのでご注意ください。


少しの時間から活用

資格試験対策として絶対にはずせない

3分〜4分程度の聴く時間からスタートできます。
電車の中でも、ベンチに座っている時でも、勉強に集中できない時でも、少しの時間から活用できます。
また、耳勉は、業務経験者、受験経験者、独学の方にウッテツケです。
勉強をしているのだけれど、なかなか記憶に定着しないと悩まれている受験者の皆様には「耳勉」は合格するための頼もしいツールになります。

記憶の仕組み、聴注力を引き出せ!

昔、文字がない時代に人は口頭伝承として生活に必要なものを記憶していました。しかし、文字が生まれてから人はその能力を使う必要がなくなり、聴いて覚えるという機能が低下。現代人が記憶することが苦手になったのはそのためです。
しかし、人はもともと聴いて覚えることは自然なことでした。現代人がもともとある聴き覚えて記憶に留める力を引き出すために、「耳勉」で、いつでも、どこでも取り組むことができます。

 
 

久保田 競 教授
プロフィール

久保田 競(クボタ キソウ)
大脳生理学者、医学博士
【略  歴】
東京大学医学部卒業
東京大学大学院生物系基礎医学(脳神経生理学)博士課程修了
オレゴン州立医科大学
元京都大学霊長類研究所所長
京都大学名誉教授
【主な著書】
「バカはなおせる」(アスキー)
「ランニングと脳」(朝倉書店)
「脳の手帖」(講談社ブルーバックス)
「脳の探検」(講談社ブルーバックス)
「脳の謎をとく」(朝日新聞社 朝日文庫)
他、多数。



耳勉(宅建士版)を無料で試せます
無償版でも宅建受験に必要な32個の知識が聴き覚えられます!

QRコードApp Store
QRコードでApp Storeへ移動します。

Get it on Google Play
QRコード
QRコードでGoogle Playへ移動します。

暗記を必要とする勉強には非常に効果的なシステム

フロンティアマーケット社の『耳勉』は暗記を必要とする勉強には非常に効果的なシステムです。
久保田教授 最近の脳科学の「記憶のメカニズム」の研究で解ったことを取り入れています。
良く知らないことを覚える時、読んで理解して覚えると、覚えたことは短期の記憶として、前頭前野に保存されます。この記憶は1時間ほどしか覚えておれません。
しかし、くり返し読んで覚える努力をすると長期の記憶として、海馬と後部大脳皮質に記憶されます。覚えた事を、自分で言ってみて、確実に言えたら、その記憶は長期の記憶として、永久に脳に残ります。
 また、雑音の多いところで音を聞くと、注意を向けて聞かなければなりませんが、この時前頭前野が普通よりよく働いています。そして、すべての記憶を助けます。早く正確に記憶できるようにしてくれるだけでなく、脳が良く働くようにしてくれます。
脳の聴覚系を『耳勉』で利用することが、記憶ができるようになるだけでなく、頭をよくしてくれるのです。
まさに、この『耳勉』は最新の脳科学の研究を利用した素晴らしい学習法と思います。この『耳勉』は試験に合格したいと望む方々の力強い味方となることでしょう。

久保田 競