不動産知識 / 2020.07.26

高卒や中退でも稼げる?宅建取得のメリットと不動産業界の特徴とは

高卒以上であれば就ける不動産業界

業界によっては学歴が重視され、大手企業などで採用されても入社後の待遇に差が見られます。
学歴にコンプレックスを抱えている方、生活のためにできる限り稼ぎたい方におすすめしたいのが、不動産業界です。特に、不動産の営業職は、学歴に左右されずに自身で上げた成果が収入に反映されます。

本記事では、高卒でも関係なく伸び伸びと働きかったり、安定した収入を稼ぎたい人向けに、宅建士のメリットについてご説明していきます。

営業で稼ぐには宅建取得が鍵となる

高卒や大学中退などでも就きやすいのは、個人の住宅に関する営業の仕事です。不動産業界でも圧倒的に求人数が多く、中古の戸建てやマンションの売買仲介マンションやアパートの賃貸仲介の仕事は、学歴不問あるいは高卒以上とする募集が多くを占めています。

未経験者の応募の場合は、宅建の資格の有無より、普通自動免許証を取得しているかで内定率が左右されます。さらに、不動産業界への就職を考えている方は、運転免許証を所持していることが望ましいです。

宅建の受験資格

・受験資格に年齢制限がない
・宅建試験の合否に年齢制限がない
・宅建士を取得すると年収の大幅なアップが見込める

注意したいのは、宅建試験に合格しても宅建士としてすぐに働けるわけではなく、宅建士証の資格登録が必要とされていて、20歳以上にならなければ手続きを行えないのが一定の条件となっています。

試験に合格すれば一生涯有効なので、早めに試験を合格しておけば、20歳未満の方でも不動産会社からスムーズに内定をもらえるでしょう。

宅建に興味を持ち始めた方にオススメのアプリ

大学に行けなかった、学歴を気にするばかりで将来の生活が不安な方は、宅建資格を取得することで、就職しやすく、不動産業界や他の業種での内定率もグッと上がります。

営業職の気になる給与形態は、「基本給与+インセンティブ(報酬金)」といった成果ベースのところが多く、安定して稼ぎたいのであれば、賃貸仲介を専門としている不動産会社が望ましいでしょう。

本気で勉強したい方や、学校やバイトがあるのでスキマ時間を有効活用して宅建の勉強をしてみたいという方におすすめしたいのが、宅建対策アプリ「耳勉」です。

通勤・通学時間などのちょっとした時間などにサクっと学習が可能なアプリで、合格できる平均の勉強時間も気づいたら達成しています。

「耳勉」は脳科学に基づき、音声を活用した学習方法なので、「なかなか宅建特有の日本語の言い回しに慣れない!」という方にもおすすめです。

また、こちらの記事ではスキマ時間を使った宅建試験対策についてご紹介しているので、ご興味のある方は是非覗いてみてくださいね。

不動産知識
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験版のダウンロードはこちら