宅建試験について / 2020.09.20

宅建試験は2ヶ月前でも間に合う!? 合格ラインに到達するための勉強法

”宅建試験の平均合格率は20%以下”と、数ある試験の中でも難易度が高い資格です。

「合格するためには、いつ頃から勉強を始めればいいのでしょうか?」という質問をよくいただきます。

人によって必要とする勉強時間は異なりますが、最短で2ヶ月で合格することも不可能ではありません。さらに、”勉強にお金をかけられない”という多く方は、独学で勉強する方もいるでしょう。

今回は、宅建試験を短い期間かつ独学で合格するために必要とされている”記憶力を上げる方法”など、最短2ヶ月で宅建試験に合格する方法についてご紹介します。

宅建は独学で合格できるのか?

短期間で平均合格20%以下の宅建試験に合格するのを諦めている方は多いのではないでしょうか?

従来でも難易度が高かったにもかかわらず、2020年4月から民法改正があり、さらに宅建試験の難易度が上がりました。だからこそ、不安になっている方も多いでしょう。

しかし、勉強方法によっては宅建試験は独学でも合格することが可能ですが、予想以上に学習時間がかかったり、途中で挫折しないように注意が必要です。

短期間で記憶力を上げる方法とは?

独学で宅建試験に合格するためには、短期間でしっかりと記憶することが大切です。

宅建業法や民法などは、暗記が中心のため、どれだけ暗記力を伸ばせるかが試験合格に結びつきます。

記憶力が鍵となる宅建試験ですが、記憶力を上げるためには「エビングハウスの忘却曲線」を意識することで、効率的に暗記することが可能です。

エビングハウスの忘却曲線とは?

エビングハウスの忘却曲線とは、「記憶の忘れる比率」を表した曲線です。

人間の記憶は、何かを覚えてから20分で42%、1時間で56%、1日経つと74%を忘れてしまい、1ヶ月後には79%を忘れてしまいます。

その実験を行ったのが、「エビングハウス」という方のため、エビングハウスの忘却曲線と呼ばれています。

これらをうまく活用して復讐を繰り返すことで、忘却曲線は緩やかになります。

そのため、同じ量の勉強をしても、勉強方法によっては定着率に大きな差が生まれるのです。一気に多くの量を勉強して期間が空くよりも、短い時間でも毎日コツコツ勉強をして、前日の復讐を必ず行う方が脳への定着率が高まります。

続いては、エビングハウスの忘却曲線をうまく利用した具体的な勉強方法についてご紹介します。

エビングハウスの忘却曲線からわかること

エビングハウスの忘却曲線の実験からわかることは下記の通りです。

・重要なことや意味のあるものであれば暗記しやすいが、そうでない場合には暗記しづらい
・一度に勉強するよりも時間をかけて複数回で学んだ方が吸収できる情報が多くなり、定着率も高い
・復習を重ねることで忘れにくくなり、忘却曲線も緩やかになる

上記のことがエビングハウスの忘却曲線から読み取ることができます。

そして、宅建試験には下記のように応用できます。

・実際の取引をイメージして自分だったらどうするかを考えながら勉強する
・1日1時間は必ず勉強すると決めて、毎日勉強する
・その日学んだことを、1日の最後に復習する
・アプリやデータシート等で管理して、忘却曲線が緩やかになるように定期的に復習する

宅建試験は、暗記系が多いためエビングハウスの忘却曲線をうまく活用することで、効率的に学習することがポイントです。

特に、宅建業法は高得点を狙いやすい科目のため、効率的な勉強をすることで、短期間でも満点を狙えるでしょう。

最短2ヶ月で宅建試験の合格を目指すために

今回は、宅建試験に最短や独学で合格するためには、「エビングハウスの忘却曲線を使った効率的な勉強方法」についてご紹介しました。

エビングハウスの忘却曲線以外にも、最も脳が活発に働いている時間が朝起きてから2時間と言われており、その時間に学習し、夜寝る前に復習することで効率的な暗記が可能です。

そこで今回おすすめしたいのが、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で、サクっと学習できる宅建対策アプリ「耳勉」です。

最新の脳科学に基づいて設計されたアプリで、「聴く」(三重音声)+「聴く」+「読む」を繰り返すことで、暗記力を高めた効率的な勉強方法が実現できます。

宅建学習アプリ「耳勉」では、無料版と有料版の2パターンを提供しているので、まずは無料版からお試しください!

宅建アプリ”耳勉”についてもっと知りたいという方は、まとめている記事があるので、ぜひご覧ください!

宅建試験について
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
無料体験版のダウンロードはこちら