宅建勉強法 / 2020.11.07

初心者が宅建士になるために!独学におすすめの勉強方法とは?

「宅建士試験に合格して不動産業界で活躍したい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

宅建試験は難易度が高いため、本当は費用をかけたくないけど、スクールに通うかどうか迷っている方も多いです。

しかし、スクールなどに通っても、必ず合格できるというわけではありません。スクールにお金を払うだけで満足してしまい、勉強が疎かになり結局合格できなかったという方もいます。

そこで今回は、宅建試験を受ける上で独学での勉強方法や、セルフマネジメントの大切さについてご紹介します。

難易度の高い宅建試験について

宅建士の試験範囲は、幅広いです。権利関係などは、日本の法律の中で最も条文の多い民法を中心とした問題が作られていますが、全ての範囲から出るわけではありません。宅建試験なので、当然不動産関連の条文等がメインになります。

他の分野でも、問題数に偏りがあります。そのため、分野を絞り込むことができれば効率よく勉強を進められるます。特に、宅建試験初心者の方は、効率良く勉強を進めましょう。

さらに宅建試験の勉強をする上で、独学と通学のメリットとデメリットをまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

【宅建士の勉強方法・メリットデメリットまとめ】

初心者はセルフマネジメントが重要!?

初心者が独学で宅建試験に挑戦する際に、最もネックになるのは「セルフマネジメント(自己管理)」です。

独学では、誘惑との勝負になります。家で勉強していると、マンガやゲームなどの阻害要因が多くあります。初心者の方が独学で宅建士を目指すのであれば、誘惑をなくすための環境整備が必要です。

また、宅建試験は学習の計画を立てて、効率的な学習が実践できるかで合否が決まると言っても過言ではありません。そして、これらが実践できるのであれば、スクールに通う必要はなく、独学での合格も十分に狙うことができます。

初心者におすすめの勉強方法とは

初心者にありがちな勉強方法として、「参考書やスクールなどにコストをかけすぎている」ということが挙げられます。

費用をかけても合格できるとは限りません。現代社会では、アプリやテキストなどを探したり、インターネット上では有益な情報が溢れているので、まずは無料で公開してある情報から学んでみてもいいでしょう。

特に初心者の方におすすめな方法は、「アプリと参考書を併用する」ということです。そして、今回ご紹介したいのは宅建学習アプリの”耳勉”です。

耳勉は、ただ聴き流すだけで宅建士の勉強が捗るというアプリです。ガムシャラに勉強するよりも、スマートフォンで聴き流して用語や概要を覚えて、参考書でテスト形式でチャックしていくという流れで行うことで、効率よく質の高い勉強ができるでしょう。

「これで効果があるの?」と思う方もいるかもしれませんが、カクテルパーティ効果とチューニング効果と呼ばれる科学的にも認められた仕組みで学べるので効果があります。

有料版にすると15,000円かかりますが、それでもスクールに通うよりもリーズナブルです。また、体験版を使用でき、53項目を試すことも可能です。試してみて、効果を感じられそうであれば、有料版を購入するという流れがおすすめです。

また耳勉では、「これから宅建士を目指したい!」という方々に向けてお役立ちコンテンツを発信しているので、他の記事もご覧になってみてはいかがでしょうか?

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験版のダウンロードはこちら