限られた時間をいかに有効に使うか。
宅建士試験の対策をご紹介!

アイキャッチ画像

こちらの記事を読まれているあなたは、宅建取得のために効率良く勉強したいと考えているのではないでしょうか。 本記事では、宅建資格試験に向けて行う勉強法をご紹介します。試験の直前でも、すぐに活用できるので参考にしてみてください!

宅建士試験直前の勉強方法

過去問で実戦練習をする

試験時間を想定して全問解くことが合格において欠かせないポイントです。 試験の流れを身体に覚えさせることが重要なので、過去数年分の問題に取り組くようにしましょう。

すべての問題を理解をする必要はない

自身の得意分野と苦手分野を把握することで、勉強するために使う時間も割り振ることができます。 民法などは特に難しい分野なので、自分が理解できる問題を抑えましょう。

スマホで宅建が学べるおすすめアプリ

資格学校に通わずに独学で資格を取ることは不可能ではありません。 すでに定職に勤めていて時間がない方でも、移動時間などのスキマ時間に学べるのが ポイントなので忙しい人は筆硯の勉強法です。

寝る前の1時間は暗記に時間を使おう

就寝前に、専門用語などの単語を集中的に覚えるのは良い勉強法とされています。 睡眠と記憶は深い関わりがあり、脳は睡眠中に情報が整理されることで「記憶」として定着します。 なので、夜の就寝前の時間帯には、暗記などの勉強に取り組みましょう。

就寝前の勉強で気をつけるコト

就寝前の勉強法で注意したいのは、集中しすぎてしまうとアドレナリンが出て眠れなくなってしまうので、 記憶として定着させるまでに支障を起こしてしまう可能性もあります。適切な睡眠を取ることが、 記憶の整理をしてくれるルールということを忘れずに!

耳勉で宅建取得をするために

資格学校に通わずに独学で資格を目指してはいかがですか?
株式会社耳勉の提供するアプリを利用者20名アンケート調査をしたところ、合格者は半分50%いらっしゃいました。 忙しくて時間がない人でも、移動時間などのスキマ時間に学べるのがポイントとなっています。

全ての分野を学ぶのは有料となりますが、資格学校と比べて安価に質が高い学習を取り組めます。 無料バージョンも提供しているので、まずはご利用ください。

宅建取得を目指すお客様の合格を心よりお祈り申し上げます。