宅建は耳から覚える!
おすすめ勉強法をご紹介

アイキャッチ画像

「独学ではなかなか時間もかかって難しい・・・。」「けれど、お金もかかるから独学で宅建に合格したい・・・。」 なんて悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

不動産系の企業に就職!という時にも、入社するまで、あるいは入社後にとることを求められる「宅建」。 不動産の営業マンであれば、未来を左右する資格の一つでもあり、新卒の就活で内定をもらったあとなど、時間がある時には是非とも独学で資格を取っておきたいものです。

転職活動をしている人も、宅建の資格を取っておくと、実は就職先の選択肢が増えた!など嬉しいメリットがあるのをご存知でしたか?

しかし、覚えることがたくさん!聞き慣れないワードもたくさん!という「宅建」を突破するために 効率的に学ぶことができる方法についてご紹介いたします。

宅建の勉強法に成功法はあるのか?

では、宅建の勉強法に近道はあるのでしょうか。基本的には、「独学」で勉強される方が多い試験だからこそ、少しでも効率的に行える勉強法があれば嬉しいですよね。 もちろん、勉強方法さえしっかりしておけば、独学で宅建の試験は突破することが可能です。

勉強方法としては、やはり「過去問から学ぶ」という姿勢が重要です。

いくら参考書を目で読んで、音読して、付属の問題集を解いたところで、なかなか日本語の言い回しなどが特徴的な宅建の試験に打ち勝つことは難しいのが現実です。

実際の仕事の場面では、、確かに細かい知識も必要になってきますが、目的を「宅建の試験にまずは合格する」という点におけば、試験に出る重要なところに力を入れて勉強するべき、といえるでしょう。

ですので、すぐ問題集を理解しようとするのではなく、まずは過去問をみてみること・過去問の分析を行うこと、も重要です。

耳で覚える宅建の勉強法とは

では、宅建の問題傾向を頭に入れたところで、効率的に勉強するためにはどのような方法があるのでしょうか。

転職を考えている社会人の方であれば、なかなか仕事の前後に勉強の時間を確保しづらいもの。だからといって、電車の中で参考書を開いて勉強するにも困難ですよね。

さらに、平日にできなかった作業をしたり、自宅の掃除をするなどの過ごし方をしていれば、休日にカフェにこもって勉強、という時間もなかなか取りづらいものです。

よって、ここでおすすめしたいのが、「耳」で覚える勉強法です。

「「宅建」の勉強を耳で?」と思いますよね。思い出してみると、学生時代の英語の勉強などで、長文や単語の勉強でさえ、英語のCDを使って勉強した記憶がありませんか?

学習の際に大切なのは「繰り返す」こと、そして定着させること。 そのために、ただ問題を解いて手を動かすのではなく、「耳」も使って覚えることが定着力・記憶力をアップさせる秘訣です。

参考書を持たない勉強法は、たとえば、先ほど例にあげた電車の通勤時間中や、仕事のお昼休み、自宅でお風呂に入っている間、寝る前のリラックスタイムなど、ちょっとしたスキマ時間に手軽に取り組めるのが魅力ポイントの一つです。

通勤時間を無駄にしない耳で覚える宅建

では実際、通勤時間が徒歩(10分)の時間も含めて片道40分の社会人の例を挙げてどれだけ効果的な学習ができるか、を考えてみましょう。

参考書で勉強する場合、歩く時間の10分は参考書を開くことができません。よって、電車に乗っている30分間で参考書を開くと仮定し、見開き2ページを5分で読み、理解するとします。 すると、30分で読み終わるページ数は約12ページです。 帰りも同じように参考書を開いて学習すると仮定すると1日に読み終えるページは24ページ。 ここで、参考書のページ数が800ページくらいだと仮定すると、おそらく1回読み終わるまでに、最低34日はかかります。 しかし、一度読んだだけではなかなか定着しないもの。3〜4回繰り返すとしても、1冊の参考書を終えるのに3ヶ月〜4ヶ月はかかります。

しかし、音声で学習するアプリを使用するとどうでしょうか。 今回使用するのはノイズ入りで専門知識の解説を再生し、その後実際に問題を出してくれる学習アプリ「耳勉」です。

「耳勉」では、1つの単位を10分から学習することが可能なので、30分の間にも、3つのチャプターを学習することができます。 時間の効率性はもちろんのこと、「耳勉」では、音声で聞くことにより、手を動かす学習方法とは異なる刺激を受けながら知識を定着させることができます。 さらに、耳で聞いた後には、聞いた内容に基づいた穴埋め問題がアプリで出題され、穴埋め箇所は毎回異なるので、質のいい暗記をすることができます。

「資格の勉強、どうやったらいいかわからない・・・」「なかなかまとまった時間が取れないからスキマ時間も有効活用して学習したい・・・」なんて悩みはどの資格を取るにしろ、尽きないものですよね。

時間を有効活用しつつ、ちょっとしたゲーム感覚でできる「耳勉」。無料版でもいくつか問題に挑戦することができるので、ぜひ一度、宅建の学習に取り入れてみてはいかがでしょうか。