宅建の試験日間近でも間に合う応急勉強法をご紹介

アイキャッチ画像

不動産業界での就職を考えているなら、必ず取得することをおすすめされる「宅地建物取引士(宅建)」。

しかし、「宅建」の合格率は15パーセントと言われているほど、思っている以上に狭き門なもので、勉強方法に限らず、なかなか難しいものとされています。

参考書を読み込んだり、音読したり、問題集を解いたり、と様々な方法で学習し、いざ迎える試験日当日。

試験直前の学習はできるだけ効率的に行なって、記憶する量を増やしたいものです。 では、試験直前でもできる効果的な勉強方法にはどのようなものがあるでしょうか。

今回は、試験当日を間近に控えた方に向けて、おすすめの勉強方法をご紹介いたします。

試験日までにやるべきこととは?

そもそも、「宅建」に独学で合格するためにはどのくらい、どのような内容の学習が必要なのでしょうか。

まずは、当然ですが、教科書の内容を頭に入れていくことが必要です。 そのためにも、自分が勉強しやすそうと思った参考書を購入し、手をつけ始める人が多いですが、まずは「流し読み」をおすすめします。

というのも、宅建の試験は、なかなか普段法律の言葉に触れてこない私たちにとっては理解しづらく、独特の言い回しなどがあり、最初から理解しようと力んでしまうと挫折しかねないからです。

よって、流し読みをすることによって、まずは枠組みから、どのような内容の学習をしていくのか、を把握しつつ、法律独特の日本語に慣れていくことで、その後の学習を効率的に進めていくことが可能なのでおすすめです。

そして、流し読みが終われば、実際に教材をしっかり読み込みながら例題を解いていく学習方法で進めていきます。この時、自分がどのような分野を苦手としがちなのか、も把握しながら学習を進めていけるといいですね。

その後、実際に、過去問を時間を測りながら解いていく学習方法にうつります。

様々な過去問を解いてみることで、問題に慣れることができるのはもちろんのこと、どのような出題形式なのかを把握することができるので、もう一度教材を読み返した時などにも、どのように学習するのがより効率的なのか、を実感することができるでしょう。

過去問を繰り返し確認して実力チェック

しかし、教材と過去問を解いていても、なかなか頭に入ってこないもの。書籍だけではなく、違う勉強方法で気分転換もかねて勉強したい!と思った時に役立つのが「アプリ」ですよね。

最近では、様々なアプリが開発され、ゲーム感覚で知識を詰め込むことができるようになりました。 例えば、Tokyo Interactiveが出している「全問解説付 宅建士 一問一答問題集」などは、通勤時間や寝る前のちょっとしたスキマ時間にクイズ感覚で問題を解きながら知識の定着率を確認できるので、宅建を勉強している人に多く利用されているアプリでもあります。

さらに、OWNER’S AGENT INC.が出している「宅建 過去問集「スタケン問題編」」なども、過去問はもちろんのこと、予想問題を解くことができ、さらに進捗を確認できるように分析機能もついているのでモチベーションを保ちながら知識の確認をすることができます。

さらに、「耳勉」は、ただ問題を出題してくれるだけではなく、人間の知識の定着率をあげるための科学的な特徴を用いた方法で学習をアシストしてくれます。 というのは、人間はノイズ音が入っていると、より集中して聴こうとする習性があり、宅建に必要な知識をノイズ音と一緒に音声として流した後、アプリで穴埋め問題を出題してくれる、というものです。

書籍だと自分で間違えたところ、苦手なところを逐一チェックしていかないといけないもの。しかし、このようなアプリを利用し、自動的に苦手な部分を抽出してくれると学習の効率性をあげることもできるので、書籍での学習に加えてアプリも活用することは大変おすすめです。

苦手な分野を理解して集中的に知識を詰め込む

間近に迫ってきた試験当日。実際、直前になればなるほど気持ちが焦って何を学習していいかわからないものですよね。

これまで学習に使ってきた教材や、アプリをやり直して自分の苦手な分野に集中して学習するのはもちろん、正解してきたものも、最初の頃に学習したものは意外と忘れているもの。網羅的に知識を復習しておきたいものですよね。

しかし、忙しい社会人であればなかなかまとまった時間がとれないもの。仕事が終わって帰宅して、いざ勉強!となっても、どうしても時間の足りなさに焦りが出てくるものです。

そんな時に見直して欲しいのがやはりスキマ時間の使い方!

朝起床してコーヒーを飲みながら、あるいは電車の中、お昼休憩の空き時間、帰宅して寝る前のリラックスタイム、など、ちょっとした時間だからこそアプリなどを活用してより集中して苦手な単元に絞って復習ができるものです。

しかし、普段パソコンなどを見ている社会人の方だと、なかなか携帯を見ながら学習するのも目が疲れたり肩こりの原因になったりしますよね。

なので、このような時におすすめなのがやはり「耳」を使った学習方法です。

先ほどご紹介したアプリ「耳勉」では、音声での知識の詰め込みがメインなので、目が疲れることはありません。目を瞑りながら音声を聞いて、シャドーイングするのもいいでしょう。活用方法はあなた次第です。

実は、「耳勉」の効果は国立大学の研究でも実証済みという実力。 無料でいくつか問題を解くことができるので、一度この機会に試してみてはいかがでしょうか。