不動産知識 / 2020.07.26

宅建と相性抜群!賃貸不動産経営管理士を取得するメリット

賃貸不動産経営管理士の特徴

家賃の管理や、居住者の入居時・退去時の対応、トラブルの対応など、賃貸のアパート・マンションの 管理業務は多岐に渡り、専門的な知識を必要とすることも多いことから、 管理会社に任せているオーナーがほとんどなのが現状です。

今回ご紹介する「賃貸不動産経営管理士」は、そうした、管理会社に業務を委託したいオーナーに、 管理受託契約に関する重要事項を説明する役割を担っています。

国家資格である宅建やマンション管理士とは異なり、現在は公的資格です。

創設当時から国家資格化を前提とされている資格なので、受験者数も少なくなく、 今後成長すると言われている不動産業界において、有用性の高さもあることから、 今のうちに受験しておくのもいいかもしれません。

しかし、この資格を取得する条件として管理業務を2年以上 経験していることが挙げられているので、注意が必要です。

賃貸不動産経営管理士になるためには?

「賃貸不動産経営管理士」の試験は、一年に一度だけ実施され、2020年では問題数が「50問」、 試験時間は「120分」とされています。難易度としては、2018年度の合格率がほぼ50%だったこと から、不動産に関する資格の中でも、比較的取得しやすいものとなっています。 学習期間としては、約2~3ヶ月の学習期間が必要とされています。

内容としては、賃貸管理に関する幅広い実用的な知識が出題され、社会状況や、登録制度、賃貸契約に 関する契約内容などについて問われます。

まずは最も必要とされる「宅建」の取得を目指そう!

「賃貸不動産経営管理士」の資格だけで、不動産業界で食べていくのは、まだまだ厳しいとされています。

というのも、不動産業界は自明の通り、貸主よりも借主の方が圧倒的に多く、 業務量としても借主に対する業務の方が多くなります。
賃貸不動産経営管理士が独占業務を仮に得たとしても、行える業務は一部に過ぎず、 こうしたことを踏まえると、「宅建」の資格を優先して取得することがオススメです。

しかし、賃貸不動産経営管理士の資格よりも取得が困難と言われている「宅建」の資格は、 仕事で忙しく、なかなかまとまった時間が取れない社会人の皆さんにとっては、 学習時間を確保することに悩むのではないでしょうか。

そんな方たちに向けて、スキマ時間で学習が可能な宅建対策アプリ「耳勉」を提供しています!
電車・徒歩での通勤時間や、お風呂で湯船に使っているときなど、 スキマ学習が可能となっていて、音声や復習問題を用い、脳科学に基づいた効果的な 学習を行うことができます。
無料体験版もございますので「ちょっとした時間でも効率的に勉強がしたい!」 という方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

不動産知識
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
ダウンロードはこちらから