宅建試験について / 2020.07.26

就職に不安な大学生こそ宅建は必要。就活に活きる資格「宅建」

将来に悩みを抱えている大学生が取得すべき資格とは

就活を間近に控えた学生は、卒業後の進路も決まらずとも内定先を決めなければいけないと考えている方がほとんどでしょう。

就活を早めに終わらしたい、狙っている企業から内定をもらいたいなど、様々な葛藤があると思われます。

就活や将来に不安を抱いている方は、専門的な資格である宅建を取得するのも一つの選択肢ではないでしょうか?

本記事では「宅建」を参考にして、何かしらの資格を保持していることは就活に活きるということをお伝えします。

宅建が就職に有利に働く理由とは

学生の就職活動において、宅建を所持していることに需要があります。

不動産業界では、宅建士がいないと契約にあたる取引を行えないため、欠かせない資格となっています。また、宅建の知識は不動産業界、金融・保険業界など幅広い職種で活用することもできます。

履歴書には「宅地建物取引士試験 合格」と記入できるので、周りの学生と比較されても高い評価を得られるでしょう。

名のある企業や大手不動産会社に入社したいと面接を受けたとしても、一次・二次面接まではスムーズに通過できても、最終選考では落とされるケースも耳にします。

さらに近年、即戦力を求められるベンチャー企業が不動産業界への参入が増えているので、「宅建」を所持していることは合格基準の重要な判断材料になります。

学生のうちに取得しておきたい資格の中でも選ばれやすいのが宅建です。

忙しいならアプリでスキマ時間の有効活用を

宅建を取得するために予備校や通信講座セミナーに通うのが有効な手段です。しかし、金銭面や時間の拘束について考えると、独学での学習を学ぶ人も少なくないと思います。

バイトや学問、就職活動に時間を費やさなければならなく、まとまった時間を確保できない学生が宅建に合格するのに有効は手段はあるのでしょうか。

宅建の参考書を見ると、普段目にしない専門用語や難しい言い回しに触れていきなり壁を感じてしまう方も多いかもしれません。

そんな中で今回おすすめしたいのが宅建対策アプリの「耳勉」です。
「耳勉」は、最新の脳科学に基づいて設計されたアプリで、「聴く」(三重音声)+「聴く」+「読む」を繰り返すことで、電車内での移動時間や、お風呂の時間、寝る前の時間など、ちょっとしたスキマ時間を有効活用して試験の対策を行うことが可能です。

無料版でお試しが可能なので、ご興味のある方は是非一度利用してみてくださいね。耳で覚える耳勉とは?

宅建試験について
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
無料体験版のダウンロードはこちら