宅建勉強法 / 2020.07.26

独学で合格を目指す、宅建資格を取得する費用を抑える方法

宅建士試験の特徴について

宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格で、例年の受験者は20万人以上いる人気な資格です。しかし、平均合格率は15~17%と極めて低い数字なので、中途半端な勉強方法で受かる資格ではありません。

宅建の試験日は1年に1回、10月の第3日曜日に行われています。

宅建取得のためには、専門学校に通ったり、Web講座を受けたり、独学で試験の合格を目指す方など様々な勉強方法があります。合格までに必要な勉強時間は200~300時間が目安とされていて、年齢関係なく受験できるので、若いうちに取得しておくと、就職活動で評価されやすい対象です。

宅建試験を合格するまでの平均費用

「専門学校に通学」するためにかかる費用

専門学校の費用は平均12~13万円くらいで、模擬試験や直前対策テストなどの様々なオプションも付いてくるので別途費用がかかります。移動費や時間によっては食事代なども必要とするので、合計20万円近くかかるでしょう。

質の高い学習を受けることはできますが、学生や仕事の忙しい方にとっては、費用や時間の部分で選択しづらいのが難点でもあります。

場所に縛られず学習できる「Web講座」

Web講座の費用は5万円〜10万円くらいで、場所に縛られずに勉強することが特徴となっています。オンラインで講師を付けないCDやDVDを使った教材プランであれば、時間に縛られることなく、好きな時間に学習することも可能です。

費用を抑えらえる独学での勉強

独学であればテキストや過去問を購入して、自分のペースで進めていきます。しかし、専門用語や知識が多いので理解できる範囲も、専門学校に通っている人に比べると劣ってしまうでしょう。

宅建の必要を抑え独学の合格を狙うために

近年、専門学校に通わなくてもWeb上で宅建試験の対策ができたり、無料でも学習できる範囲が広がっています。
しかし、無料だけでは専門的な部分を理解するのは厳しくなってくるので、どこかしら費用をかけるのは避けられないでしょう。

費用を抑えて宅建試験の合格を目指す方に向けて、おすすめしたいのが宅建対策アプリの「耳勉」です。通勤時間や休憩事件など、ちょっとした時間でも学べるのが特徴です。

さらに、最新の脳科学に基づいて設計されたアプリで、「聴く」(三重音声)+「聴く」+「読む」を繰り返すことで、記憶力を最大限に活性化されるので、最適な試験の対策とも言えます。

宅建対策アプリ耳勉だけでは心配な方は、”【改正民法に対応】うかる! 宅建士速攻テキスト 2020年度版“という宅建試験において、必要なポイントを抑えた書籍をご覧ください!

「短期間で宅建試験の合格を目指している方」や「スキマ時間を活用して勉強を進めたいと考えている方」は、ぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
ダウンロードはこちらから