宅建勉強法 / 2020.11.21

【宅建試験直前】見直すべき分野と正答率を上げるワンポイント対策とは?

「宅建試験直前だけど、今から何をやれば良いのかわからない」という方は多いのではないでしょうか? 試験が近づけば近づくほど、不安になってしまい勉強が手につかなくなるという方もいます。 

今回は、過去問から正答率の高い問題を調査して、直前に抑えるべきポイントを重点的にご紹介します。

宅建試験の直前には対策すべきこと

宅建試験の直前に対策するべきことは、下記の通りです。

・暗記系科目を復習する(法令上の制限等)

・過去問をひたすら解く

・模試や予想問題を解く

・本番当日の流れで試験等を行う

本番が近くなった場合に優先すべき点は「暗記」です。特に、法令上の制限に関しては暗記で点数を取れるため、復習を忘れずに行いましょう。

試験対策として、過去問や模試のような本番形式に近い経験をすることで、問題を解くペース配分が染みつきます。もちろん、朝起きる時間帯から試験時間や休憩時間など全て本番通りに行うことで、より普段の学習による成果を期待できるでしょう。

さらに過去問や模試などの復習に関しては、共通した復習方法があります。続いての見出しでは、宅建試験の直前対策として、重要なことについてご紹介します。

【直前対策の秘訣】正答率が高い分野を抑える

直前対策の秘訣としては、正答率の高い分野を抑えることです。試験直前に難しい問題を解いても、理解できるようになるとは限りません。それよりも、比較的正答率が高い分野を優先的に復習する必要があります。

2018年に実施された宅建試験のデータを基に、正答率が高い分野を下記に取り上げました。

・法令上の制限

(都市計画法総合、都市計画法 、建築基準法総合、宅地造成等規制法 、農地法 )

・宅建業法
(広告等に関する規制、自ら売主制限、媒介・代理契約 、免許、手付金等の保全措置 、重要事項の説明、その他の業務上の規制、宅地建物取引業の意味、営業保証金 、住宅瑕疵担保履行法 )

法令上の制限や宅建業法の分野の正答率は約80%〜90%とかなり高く、必ず押さえておきたい分野と言っても過言ではありません。また、免除科目である住宅金融支援機構法、不動産の需給・統計 、土地 、建物も合格者は90%を超える正答率となっています。

試験直前には、過去の試験データを参考にして、正答率の高い分野を重点的に押さえる勉強スタイルに変えることで、宅建試験の合格に一歩近づけるでしょう。

さらに受験者によって、得意な分野と不得意な分野と分かれているので、自身の正答率を把握したうえでの試験対策が欠かせません。

宅建の試験直前で合格率を上げるために

今回は、”宅建試験直前の対策すべきこと”や本試験での正答率を上げる方法についてご紹介しました。

【本記事のまとめ】

・暗記系科目を復習する(法令上の制限等)

・過去問をひたすら解く

・模試や予想問題を解く

・本番当日の流れで試験等を行う

・正答率の高い分野を抑える

・あなた自身の得意な分野を抑える

「試験直前に何をしたら良いのかわからない」と感じている方は、大切な時間を無駄にしないためにも上記のポイントを意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

試験前の復習は効率よく行うことで、本試験の正答率も変化します。一年に一度しかない宅建試験は、就職・転職やすでに不動産業界に勤めている方にとっては、必ず合格したい資格でもあるので、悔いを残さないように工夫して勉強をしましょう。

すでに参考書などを購入していたり、手軽にリーズナブルに宅建試験の対策ができる方法をお探しの方は、宅建学習アプリ「耳勉」との併用がおすすめです。

スマートフォンやタブレットで聴き流すだけで宅建試験の勉強ができるアプリです。普段忙しくて時間が取れない方でも隙間時間を利用できます。

耳勉では、53項目を無料で学習することが可能です。「いきなり有料で利用するには抵抗がある」という方は、利用してみてはいかがでしょうか。 きっと、試験直前で不安のあるあなたの助けになってくれるでしょう!

さらに耳勉では、宅建試験の合格を目指す方に向けて、役立つ情報を定期的に発信しています。他の記事をご覧になりたい方は、短期間で合格を目指す耳勉コンテンツをご覧ください!

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験版のダウンロードはこちら