不動産知識 宅建試験について / 2020.12.19

【給与アップ】20代の転職に欠かせない宅建士!手厚い資格手当てと取得するメリットとは?

学生の就職活動のみに限らず、20代〜30代の社会人が転職先で候補として挙げられる不動産業界。土日休みではなく平日休み…というイメージをお持ちでしょう。

不動産業界は、職種によって休日は異なりますが、共通して言えることは専門的な分野であることから、努力次第で高給を稼ぐことができる職です。

稼ぐために避けて通れないのが、宅建士の資格を取得することです。この資格を取得するかしないかでは、活躍できる領域が異なります。

宅建士の資格を持つことで、就職・転職の活動でも有利になり、入社してからの将来的な年収にも影響されます。

そこで今回は、宅建士の資格手当の気になる詳細と将来の年収にどう響くかを解説していきます!

h2 宅建士の資格手当ってなにがあるの?

大半の不動産会社では、有用な資格(宅建)を保持している従業員のみを対象に賃金が支払われることがあります。

それが資格手当といわれるもので、基本給とは別に一定の金額が手当てとして支払われるものです。業界で統一されているわけではなく、企業によって手当の金額は異なります。

さらに資格手当としてだけでなく、基本給に上乗せして設定している良心的な会社があります。つまり、宅建士という役職は重宝されているのです。

h3 宅建士の資格手当の相場

宅建士の資格手当の相場は1,0000円~30,000円とされています。金額に差があるのは、企業によって宅建資格の有用度や評価が異なるからであることが考えられます。

その企業における宅建資格への有用度が高く、必要とされる度合いが高ければ、対価として支払われる手当の金額も高くなるということです。

現在、求人に掲載されている資格手当を20~30社くらい調査したところ、宅建の資格手当の平均額は25,000円でした。調べた中で最も低い金額でも「10,000円」でしたが、わずか1社のみでした。

宅建資格を取得するモチベーションとして、資格手当の存在は大きいですよね。さらに求人の中で、宅建を取得していれば基本給が50,000円上がる会社もあったので、相場よりも良い条件の不動産会社はあるということです。

h3 将来的な年収にどう響くのか?

そして見逃せないのは、将来的に役職に就いたときの年収です。厚生労働省が行った調査では、宅建士の各役職の平均年収は主任クラスが約460万円、係長クラスが約570万円、課長クラスが762万円、そして部長クラスに至っては840万円でした。

宅建を所有していないと、できる業務内容が限られているので、給与アップどころか役職の昇進も難しいのが現実です。

不動産業界に就職・転職を考えている方は、なんとしても宅建資格を取得したいですね。

宅建士の(役職別)平均年収

h3 まとめ:宅建士を一度で取得しておくべき理由

宅建資格は独学で目指される方も一定数いらっしゃいますが、試験は年に一回しか行われないので、不合格になると次のチャンスは1年後です。

宅建の資格手当の相場は月2万円からなので、合格が1年遅れると最低24万円もの損失になってしまいます。さらに、当然宅建資格の取得が遅れれば、その分転職のチャンスは失われていきます。

そこで今回おすすめしたいのが、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で、サクっと学習できる宅建対策アプリ「耳勉」です。

最新の脳科学に基づいて設計されたアプリで、「聴く」(三重音声)+「聴く」+「読む」を繰り返すことで、暗記力を高めた効率的な勉強方法が実現できます。

宅建学習アプリ「耳勉」では、無料版と有料版の2パターンを提供しているので、まずは無料版からお試しください!

さらに、”【改正民法に対応】うかる! 宅建士速攻テキスト 2020年度版”という独学でも高い合格率を実現し、スムーズな学習をサポートする書籍を提供しておりますので、一度ご覧くださいませ。

また宅建アプリ”耳勉”についてもっと知りたいという方は、独学で宅建士になるための効率的な勉強法! 短期間で合格を狙う秘訣とは?をご覧ください!

不動産知識 宅建試験について
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
無料体験版のダウンロードはこちら