宅建勉強法 / 2020.09.10

独学で宅建士なるための効率的な勉強法! 短期間で合格を狙う秘訣とは?

「【改正民法に対応】うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版」など、参考書のみで勉強していると、試験範囲が広かったり、参考書の厚みが嫌で勉強をする気にならない時ってありますよね。

今回は、自宅や通学・通勤中などスキマ時間を活用して、独学でも宅建試験に合格する学習方法について紹介していきます。

お金をかけて塾に通わず、独学で宅建試験に合格したいと考えている方は、ぜひお役立てください!

宅建試験に合格する人の特徴

同じ参考書や同じ講義を受けていても、宅建試験に合格する人と不合格になる人で分かれてしまいます。宅建試験に合格する人の特徴として代表的なものは下記の通りです。

・模試や過去問を複数受けている
・計画的に勉強している
・全体的に効果的な勉強法を実践している

上記が宅建試験に合格しやすい人の特徴です。共通していることは、計画性をもって効率的に勉強を進めているという点です。

宅建の本試験が不安な方は、上記を意識して勉強に取り組むことで合格しやすくなるでしょう。

一方、宅建試験に落ちてしまう人の特徴は、勉強時間を確保できていません。

合格までに必要な平均勉強時間は200〜300時間とされていて、その中に過去問や模試も含まれていますが、勉強に費やせる時間を確保できないのが不合格になる多くの原因です。

独学でも宅建試験に合格できる勉強法とは?

宅建試験に独学で合格するためには、わからない問題や専門用語などの理解も自身で解決しなければならないので、ハードルは決して低くありません。

そこで、今回ご紹介したい勉強方法が「参考書と宅建アプリ」の組み合わせです。

勉強時間を確保できる時には参考書を利用して勉強し、まとまった時間を確保できない日の移動時間や休憩時間などのスキマ時間には宅建アプリでの学習ができます。

続いて、参考書と宅建アプリについてご紹介します。

参考書の特徴とは?

冒頭部分でご紹介した「【改正民法に対応】うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版」では、短期間で合格を目指せる書籍です。

不合格にありがちな失敗では、テキストをじっくり読んだり、弱点を後回しにしたり、苦手意識を克服しない勉強法をしているのが見受けられます。

本書では、宅建の勉強を始める前に、短期間で合格するための学習方法と計画の立て方を徹底しているのが特徴的だと言えるポイントです。

マンガでの描写や一章ごとでの一問一答形式なので、ポイントごとで得意・不得意がはっきりと分かれるので、改善するべき問題も対策が取りやすい形式となっています。

宅建アプリ「耳勉」の特徴とは?

スキマ時間をうまく活用して宅建試験に合格しやすくするためにおすすめなのが、宅建アプリの「耳勉」です。耳勉は、脳科学で解明された効率的な勉強をできるように、カクテルパーティー効果とチューニング効果を利用しています。

なんとなくではなく、科学的に証明されている効果を利用しているアプリのため、効率的に勉強をすすめることが可能です。

また、上記のように科学的に証明されている勉強方法は聞き流しでも勉強できるため、通勤や通学中などの隙間時間にも勉強でき、短期間で記憶に定着させることも可能です。

宅建の学習アプリ”耳勉”についてまとめているので、気になる方はコチラをご覧になってはいかがでしょうか?

独学で効率的な勉強を実現するために

今回は、参考書を利用して勉強している方や学習方法について悩まれている方に向けて、より短期間で合格しやすい方法についてご紹介しました。

実際に、参考書と宅建アプリ”耳勉”との組み合わせは相乗効果を生み出し、効率よくスムーズに勉強ができます。

2020年4月から民法改正が行われたので、過去の宅建試験で出題されていた問題と異なり、今まで勉強していた方でも、勉強する内容が変わったり、過去問での対策がしづらくなってしまいます。

そのため、2020年の宅建試験における民法では、過去問を解いて暗記するというよりも、一つ一つの規定がどのように変わったのかということを理解しながら勉強することが大切です。

【改正民法に対応】うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版と宅建学習アプリ「耳勉」を兼ね備えることで、理解もしやすく効率的な勉強が実現できます。

宅建アプリは無料版でお試しできるので、参考書とご一緒に合わせてご利用してみてください。

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
ダウンロードはこちらから