宅建勉強法 / 2020.11.02

効率良く暗記ができる!宅建試験の合格に導く方法とは?

「宅建の勉強がはかどらない」という方や「仕事が忙しくて勉強時間が確保できない」という方は多いのではないでしょうか?

現在、宅建試験の合格を目指しているあなたは十分な勉強時間を確保できていますか? おそらく、できていないと思います。そのような方は、少ない時間で効率的に勉強する必要があります。

今回の記事を読むことで、宅建試験に合格する人の傾向や宅建試験に必要な力について理解できるでしょう。

宅建試験に合格する人の傾向とは?

冒頭でも述べた通り、宅建士に受かる方には共通点があります。特に、「要点を絞って重点的に効率良く勉強している人」の方が、宅建試験に合格する傾向が高いです。

出題される分野は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税金その他」などがあります。これらの分野で得点を取るためには、効率よく要点を絞って暗記する必要があります。

日々の生活の中で、「試験日まで時間がない」という方も多いのではないでしょうか? 安心してください。暗記問題は時間をかけたからといって、脳に記憶されるとは限りません。

続いては、宅建試験に合格するための効率的な勉強方法について紹介します。

宅建合格に欠かせない暗記力とは?

宅建試験に合格するために、大切なのは「暗記の方法を変えること」です。宅建試験のように範囲が広く、暗記が求められる勉強では、全てを一気に勉強するのではなく、勉強時間や範囲をこまめに分けて勉強することが求められます。

宅建試験の出題範囲はかなり広いので、各分野に費やす配分を決めながら進める必要があります。しかし、「ヘルマン・エビングハウス」の実験によれば、2日前に学んだことをもとに新たなステップへ進むと、2日前に学んだことの72%は忘れているのです。

学んだことは24時間以内に10分でもいいので復習して、記憶を定着させることが大切です。記憶力を上げる方法が気になる方は、宅建試験は2ヶ月前でも間に合う!? 合格ラインに到達するための勉強法をお役立てください!

自分なりにわかりやすくて勉強しやすいテキストを選び、何度も読み返すことが重要です。時々、何冊かの参考書を併用して進めている方を見かけます。しかし、参考書によってまとめ方が異なるため、一冊を中心に勉強を進めるか、同じ出版社または同じ著者で統一する方が、整理しやすくなります。

おすすめのテキストを知りたいという方には、「【改正民法に対応】うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版」がおすすめです。このテキストは、初心者にもわかりやすくまとめられているため、初めて宅建試験に挑戦する方でも、効率よく勉強できるでしょう。

限られた時間で暗記力を高める方法

宅建試験の勉強に限らず、ほとんどの方は日々生活に手一杯で、十分な勉強時間を確保できないと思います。まずは、10分でも良いので学んだことはその日中に復習してみましょう。

宅建試験の勉強は普段聞きなれない「建ぺい率」や「瑕疵担保責任」などが多いです。これらの用語を、ガムシャラに時間をかけて学ぶのではなく、少ない時間で質の高い学習をすることが重要です!

それを実現するためには、「耳勉」というアプリの活用をおすすめします。耳勉はその名の通り、聴き流すことで宅建試験の勉強ができるアプリです。スマートフォンさえあれば、通勤や通学の途中や家事等で忙しい時でも可能です。

日々の生活の中で効率的に勉強するためにも、忙しい人ほど耳勉アプリの利用をおすすめします。耳勉は三重録音されており、初めての方は聴き慣れないかもしれませんが、より効率的に覚えられるのが耳勉の特徴です。

耳勉アプリには体験版もあり、53項目分学びつつテスト機能も使用可能です。膨大な知識をアプリを通じて聴き慣れることで、宅建試験の勉強をスムーズに進められるでしょう。

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
法令上の制限を速攻暗記
期間限定の集中版配信中
無料体験版のダウンロードはこちら