宅建勉強法 / 2020.07.26

時間に限りのあるあなたが宅建を「独学」で合格するには。

宅建に独学で受かるために考えることは

独学の一番の課題は、勉強のペースが決まっていないので「自らスケジュールを調整する必要があること」です。専門的な内容が多く含まれている宅建は、復習まで含めた計画を入念に行う必要があります。

令和元年 4日に発表された「令和元年度宅地取引士資格試験実施結果の概要」では、平均合格率が15~17%と難易度の高い宅建の平均勉強時間は約150〜200時間時間で、半年ほどかけて学習するのであれば、毎日2時間くらいの学習を継続する必要があります。

独学の場合では200時間以上の勉強時間が必要です。
・講師がいないのでわからないことは自分で調べる
・勉強時間を指定されていないので、勉強時間にバラつきがある
・難しい問題を理解するまでに時間がかかる

さらに、社会人で宅建試験を受けようとしている方は、朝から夜まで働いてるので勉強時間を確保するのに悩まされるでしょう。

試験合格のためには、効率的に勉強を行うためのスケジュールを組み立てること、スキマ時間を見つけることが重要です。

次の見出しでは、宅建勉強に対応できるスケジュールの作成方法をお伝えします。

宅建の勉強では苦手分野は作ってはいけない理由とは

権利関係・・・14問前後
宅建業法・・・20問前後
法令上の制限・・・8問前後
税金その他・・・8問前後

宅建の試験範囲としては、上記の4つの分野に分けられています。権利関係と宅建業法の問題の得点で合格の分かれ目と言っても過言ではありません。

「宅建業法」は、最も出題数が多いので、対策に最も時間を割く必要があり、スケジュールを作成する際も多めに時間を確保するなど工夫する必要があります。

合格ラインが7割以上だと、苦手分野は作ってはいけません。

宅建合格率の低さからも伺えるように、全体的に網羅することが重要です。今年から改正される民法に関しての新しい内容や表記にも対応できるような学習が必要になります。

参考書を読む時間確保のスケジュールはもちろんですが、過去問や宅建対策のできるツールを駆使して学習を進めていく「スケジュール管理」が鍵になるでしょう。

独学で宅建を効率的に学習するためには

今回は、宅建の資格受験においていかにスケジュール管理が重要か、について説明いたしました。
仕事や遊びに忙しい社会人や学生さんにとって、限られた時間の中で合格を目指すには、やはりスキマ時間の有効活用が必要不可欠です。

そこで今回おすすめしたいのが、通勤・通学時間や寝る前のちょっとした時間などにサクっと学習が可能な宅建対策アプリ「耳勉」です。

「耳勉」は脳科学に基づき、音声を活用した学習方法なので、「なかなか宅建特有の日本語の言い回しに慣れない!」という方にもおすすめです。

また、こちらの記事ではスキマ時間を使った宅建試験対策についてご紹介しているので、ご興味のある方は是非覗いてみてくださいね。

宅建勉強法
無料体験実施中!
まずはダウンロード!
ダウンロードはこちらから