脳が最も働く時間帯とは?
資格取得までの効率の良い勉強法

アイキャッチ画像

脳や体の働きに基づいた勉強に最適な時間とは?

効率的に学習を進めたい、資格などの受験勉強。仕事の後「家に帰ってからやろう」と思っても、 なかなか学習が捗らない・・・なんてこと、ありませんか?
実は、人間の脳にも学習に最適と言われている時間帯があり、それは「起床後3時間」の間とされています。

では、なぜこの時間帯が最も脳が働くのかというと、脳科学者の間では

①目や耳から得た情報は「短期記憶」として一時保存されるが、睡眠をとることで情報が整理され、長期記憶として整理される
②朝の脳は記憶がリセットされ、新しい記憶を収納したり、創造性が育む最適な時間帯

という2つの理由を挙げています。

また、空腹時にも集中力が上がった、なんてことありませんか?これも、人間の生存本能によるもので、 人はお腹がすくと脳が活性化し、記憶力や注意力が高まりやすいとされているのです。

人間の体内システムに従って、効率のいい時間に勉強することも学習を捗らせる方法の一つといえます。

スキマ時間の活用で記憶力を高める方法とは?

では、実際に勉強しよう!と思っても、社会人であれば、なかなかまとまった時間をとることは難しいですよね。
そんな人におすすめなのが「スキマ時間」を利用した勉強方法です。 電車での移動中や、お風呂の湯船に浸かっている時、寝る前など、 数十分ほどであれば時間を確保することは可能ではないでしょうか。

スキマ時間での学習のポイントは、「10分」など予め時間を決めておくことです。 そうすることで、高い集中力を発揮することができ、より効率的に学習を行うことができるのです。

耳勉で宅建取得をするために

「宅建は独学では難しいと聞いたけれど・・・」という人も大丈夫。 学校に通わずに独学で資格を取ることはもちろん可能です。 そのためには、やはり先ほど述べたように”いかに効率を上げて学習するか”が鍵になってきます。

そして、なかなか時間が取れないえ忙しい社会人だからこそ、 スキマ時間を利用して効果的に学習を行って欲しいという思いで株式会社耳勉が提供しているのが、スマホアプリの「耳勉」です。

「耳勉」は、脳科学に基づいた「記憶のメカニズム」に沿った学習方法で受験勉強を進めることができる アプリで、学習も3〜4分程度の「聴く」時間からスタートが可能なので、 通勤時間などのスキマ時間の有効利用が可能です。また、夜勉強のやる気が起きない時に 「耳勉」をやると脳のアイドリングがかかり、勉強モードへ変わっていきます。
無償版でも宅建受験に必要な32個の知識を習得することができますので、是非試してみてくださいね。