宅建の合格率を上げる方法!?
各分野に大切な要素とは

アイキャッチ画像

宅建の合格率は約15~17%

いきなりですが、宅建の合格率はどのくらいかご存知ですか?
平均して、合格率は毎年「15〜17%」と言われています。 数ある資格の中でも合格率が低い方で、一見、難易度が高い試験のようにも思えます。
しかし、ポイントを抑えることができれば独学で合格することも可能な資格です。 年に1度しか実施されない試験だからこそ、スキマ時間を利用して効率的に学習することが必要です。
今回では、効率良く学習したい方向けに、宅建学習における各セクションのポイントをご紹介いたします。

試験に見据えよう。宅建分野別での勉強ポイント

権利関係の勉強法

まずは、「権利関係」の問題です。この問題は最も難易度が高く勉強料も膨大な上、深い理解力が必要です。
理解力が必要、というのも、権利関係については、法律解釈の考え方を理解するまでに時間がかかるため、 宅建独特の言い回しに慣れる必要性がある、ということです。
逆にいえば、その言い回しにさえ慣れてしまえば問題が解けるようになるので時間が必要です。

宅建業法

「宅建業法」は、最も出題数が多いが故に、しっかり対策しておけば高得点を目指しやすい科目です。 ポイントとしては、理解しつつも暗記していく要素が多いので、問題を解きつつ、 数字などの細かいところまで暗記しておく必要があります。

法令上の制限

「法令上の制限」は各法律の用途を理解すれば得点できる分野です。 こちらも、暗記科目ではあるので、権利関係などでつまずいている人には 是非とも力を入れて頑張ってもらいたい分野でもあります。宅建業法と同様に、 数字などの暗記を中心に取り組みましょう。

税金その他

税金や、不動産評価など様々な知識が問われる分野ですが、こちらも基本的には暗記分野ですが、 実際の問題は分野分けされずにごちゃ混ぜで出題されるので、 それぞれについてしっかりと理解しながら暗記しておく必要があります。

株式会社耳勉が提供するスマホアプリについて

最新の脳科学に基づいて効率的に学習できるように設計された、宅建対策アプリの「耳勉」です。 「耳勉」利用者20名にアンケート調査をしたところ、合格者は半分の50%いらっしゃいました。 「聴く」(三重音声)+「聴く」+「読む」を繰り返し、 スキマ時間を有効活用しながら繰り返し学習することで確実な知識の定着が可能です。

無料版の耳勉もご利用できるので、画期的な宅建の勉強方法を今すぐお試しください。